自分の観が変われば全ては今そのままで成就する(2)

 実は私はここ数年、ちょっと周囲の人と上手く行っていなかった部分があった。会社しかり、地域のつきあいしかりである。喧嘩したとか、絶交したとかそんな事ではなくて、どうも変な事をする人、余り感心しない事をする人、言う人がどの付き合いにおいても割合出て来ていたのである。それで私は組織のここはこう治さなくてはならないとかこういう人間は組織の為にならないとかと言う目で周囲の人を見て、又、変な事を言う人やる人には割合ストレートにそれを指摘して、怒りをぶつけたりした。そうする事で相手も幾分分かってくれるだろうという気持ちもあった。しかし、それでもかつそうした感心しない人達が私の周りから減るどころか増えて行く現状を見るにつけ、私はやっとの事で真理が分かった。それは私の人間関係は病気にかかっているのであると。
 要するに私の心に歪みがあったから、私を取り巻く人達が歪んで悪く見え、私に変な事をしたり、言ったりしているのであると言う事が分かったのである。

 自分の周りに不調和な事が起こるのは具体的に悪い人達が居るからではなくて、単に自分の観に歪みがあるからである。だから、それらの人達を良くしようとしたり排除したりする必要は無く、ただ自分の観が真っ直ぐになれば良いのである。

 今、このままで完全円満である。それはおのれの事だけではなくて、おのれを含めた今ここ全ての世界、人達がそうである。それがそう見えないのは自分の心が病んで歪んでいるだけである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-08-24 12:25 | 信仰 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10139696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukio aono at 2009-08-25 10:40 x
合掌 ありがとうございます。        端座して実相を観る。

> ただ、自分の観が真っ直ぐになれば良いのである。

 生命の実相の自性円満を自覚すれば、に帰一することになるのでしょうか、
神想観で実相を思うときの言葉をどのようにしようかと思ったとき、
「善のみを見よ」「愛を見よ」「神の子として賢なる者のみの存在を見よ」
聖典でこの様な文面を見つけました。怠らず、神想観を実修していきます。
                           敬礼

Commented by koujihori at 2009-08-25 13:05
aono様

 いつも有り難うございます。ところで神想観は内なる神が神想観するのですから神想観が神想観を教えてくれるというか導いてくれますよね。
Commented by yukio aono at 2009-08-25 16:35 x
合掌 ありがとうございます。        ただただ感謝

ハイ、教え導いてくれると思っています。
神いなくて・・神を離れて私はなく、神がいてこそ私であり
神が私を通して 神、しているのだと受け取っています。
堀 先生の文章一つ一つから、真理への道を登らせて頂いています。
本当にありがとうございます。        敬礼

<< 核武装の是非について 問題は神が消して下さる(6) >>