核武装の是非について

 現在、日本が核兵器を持つべきか否かと言う議論が一部でわき起こっている。結論から言うと日本が核兵器を持つと言う事は間違いであると私は思う。それは自衛を通り越して、相手人民を全滅させる程のものであるからである。
 それは自衛の心ではなくて、殺人の心である。そういう心を持てば、自らも滅びる他はない。吾等は自分の心通りになるのであって、こちらに相手を殺す心が無ければ相手から殺される事は無い。自らの生命体としての当たり前の働きの中で自ずと生じる自衛力を持つという事は決して相手を滅ぼす心ではなくて、生命力の顕れである。そうした当たり前の生命の働きから来る自衛力のみ持てば良いと思う。

 正しい信仰心ではなくてただの人間の通常の常識から考えれば中国とか北朝鮮の核に対抗するには日本も核兵器を持つべきだと考えると思う。特に保守派、右よりの人はそう思うと思う。しかし、愛国心だけでは日本の国を良くする事は出来ない。大東亜戦争開戦時又はそれ以前の時の日本の国の指導者達も愛国心はあったが信仰心に欠けていた為に道を誤ったのである。日本の国を真に平和にし、発展させて行く為には真の神からの導きを得る必要がある。その為には正しい信仰心が是非とも必要である。それには政治家には生長の家の様な正しい信仰を持ってもらいたいと思う。

堀 浩二
by koujihori | 2009-08-25 12:18 | 時事問題 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10143905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yoshimi at 2009-08-25 21:21 x
いつも 読ませて頂き、感謝合掌して、立ち去っていますが、今回の記事は、常々、言葉には出来ずに悶々と考えていた事をすっきりと表現して下さって、うれしくてコメントをさせて頂きました。ありがとうございます!
良く、ノートに書き写して・・・勉強させてもらっているんですよ~ これからもよろしくお願いいたします。合掌
Commented by ふじおか at 2009-08-25 21:54 x
田母神氏は外交を有利にするカードとして核の所持を訴えています。

氏は核は使われるはずはないと話されていますが地球は人類の破滅に直結する兵器を所持して地球環境や人類の平和を語る国にはなれません。

それでも核所持を肯定される人は多いですね。
Commented by koujihori at 2009-08-26 08:45
yoshimi様

 コメント有り難うございます。そう言って頂けるととても嬉しいです。僕もこの問題は何となくもやもやしてましたが、神想観している時に内側からふっと浮かび上がって来ました。

 ところで保守論壇の人達は日本も核武装すべしって言ってますが、世界での核保有国ってどれだけあるかご存知ですか?ネットで調べましたがアメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス、インド、パキスタンだけですよ。後、疑惑があるのがイスラエルと北朝鮮でこれだけしか無いのに何で日本も核保有しないとまともな外交が出来ないなんて言うのでしょうね。
Commented by koujihori at 2009-08-26 08:47
ふじおか様

 コメント有り難うございます。yoshimiさんにも申し上げましたが世界では核保有国はアメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランス、インド、パキスタンだけで後、疑惑があるのがイスラエルと北朝鮮でこれだけしか無いのに何で日本も核保有しないとまともな外交が出来ないなんて言うのでしょうね。

>氏は核は使われるはずはないと話されていますが地球は人類の破滅に直結する兵器を所持して地球環境や人類の平和を語る国にはなれません。

 そうですね。
<< ありがとうございますTシャツ 自分の観が変われば全ては今その... >>