問題は神が消して下さる(7)

 吾々は自分で生きているのではなくて、生かされているのである。完全円満、無限力なる神に生かされているのである。それが実相であり、真理である。実相とか真理というのは遠く隔たった世界の事を言うのではないのである。今、ここの事であるのである。吾々は今、現に神に生かされているのであり、完全に導かれているのである。だから、悩む必要は無いのである。如何なる問題や悩みが出て来ても、全て完全円満なる神に解決され、消されるのである。即ち、全部、神様が面倒を見て下さるのである。それが真理である。それが分かった時、吾等の全ての心配も憂いも恐怖も消えるのである。
 それを「いや、実相は完全円満だが、この現象世界は自分の心が創っている第二創造の世界であるからこの問題を解決する為に、この病気を治す為に私が心を清め、私が心を整え、解決の為に奔走しなくてはならないのである。」と思うのは迷いであり、間違いである。

 そう思う事が既に二元論に陥っているのである。生長の家の教えは現象はナイ、心もナイである。あるものは神の生命とその顕れだけであり、その神の生命に生かされているのが吾々である。それを悟る事を実相を悟ると言うのである。
 それを悟った時、吾々は肩の荷を全て、神により担って頂く事が出来、生かされている悦び、問題を解決して頂ける有り難さを実感するであろう。それが生長の家で一番大事とされている「感謝」と言う事なのである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-09-08 12:23 | 信仰 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10198657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビート at 2009-09-08 20:05 x
すいません、通りすがりのものです、はじめまして。
自分なりに宗教やブログなどを研究して勉強しています。

真理は理屈ではなんとなくわかるのですが、やはり長年の自分の苦しみは今もあります。消えません。例えるなら何か悪い霊にでも憑かれているがごとく長いこと魂の苦しみのようなものがあります。いったい自分の苦しみはいつ無くなって行くんだろうと思います。ほんとにいつかは消されてゆくものなのでしょうか?消されてゆくと信じていいのでしょうか?
いきなりの質問で申し訳ありませんが、ちょっと真理のわかる方にお聞きしたくて。
Commented by koujihori at 2009-09-08 22:32
ビート様

 コメント有り難う御座いました。生長の家の方ではないんですか。でも、それはどうでも良い事です。このブログにコメント下さっただけであなたはもう神様とご縁が出来ました。(と言うか我々は誰でも本質は完全円満なる神そのものです)

 ところでお苦しみがあるとの事、それは必ず悦びに変わる日が来ます。今は必要があって苦しんでいるのです。我々は元々完全円満であり、常楽の生命ですが、それが表現される為には一旦、苦しみとか迷いを経験し、その中でそれが悦びに変わる時、真に内なる神の至福の悦びを体験する事が出来ます。その時、既にあなたの中にある常楽の神の生命が目覚め、現象的精神にも常楽が目覚めます。必ずそうなります。神様は全ての全てであり、あなたの事は現在も見守って下さって、あなたに取って、最も良い時に常楽の精神が自ずと神の御力によって、出て来ます。

 でも、出来ればそうした信仰は生長の家の様な仲間の人達と一緒にやった方がいいですよ。どこにお住まいか分かりませんが、生長の家は全国に教化部がありますから、生長の家本部のサイトで調べて、ご連絡下さい。
Commented by ビート at 2009-09-08 23:35 x
堀様。早速お返事をありがとうございました。

さらに、苦しみはいつか悦びに変わる日が来る、と、自分にとってはうれしいかぎりです。何とかこの苦しみをなくしたい、この苦しみを何とかしないと前へ進めない、早く解放されたい、早く癒されたい、とずっと走りまわって来ました。もう少し早く宗教的な真理に出会えていたらと思います。しかしこれも自分にとって必要なプロセスだったのかもしれません。

宗教的真理はやはりここ数年になって知ったのですが、本とかインターネットだけなので、一度誰かわかる人に聞いてみたいというのがありました。ほんとに見ず知らずな自分に親切に答えていただきありがとうございます。生長の家のほうも、ちょっと調べてみます。

これからも堀さんのブログを楽しみにしています。
がんばってください。
<< 自壊作用(2) 自壊作用 >>