現象は不完全

 吾等は信仰するのにこの現象を良くしようとして信仰してはならないのである。そんな事を言ったら、何時まで経っても悦べる時など来はしない。現象というのはどこまで行っても所詮、不完全なのである。それなのに現象の不完全さを心につかみ、「これさえ良くなったら」と言う事でそれを良くする為に信仰生活をするというのは間違っている。それは信仰している様でその実、その信仰なるものは単なる手段であって、本心は現象アリ、この現象を信仰という手段で良くしようとしているのに過ぎない。

 真の信仰とは今、このままで現象はナイと悟る事である。そして、実相のみが今、ここに完全円満の世界として存在するという事に目覚める事である。
 自分の人生を現象から見れば、それはとても、完全とは言い難い。そして、ああしなければ良かった、こうすれば良かった、自分のあの事さえ無ければ自分の人生も完璧なのになんて思って、後悔の念で一杯になるのである。しかし、視点を変えて、実相の視点から見れば、それは色々、紆余曲折はあっても、それは全て、内なる神が自分で出て来る課程に過ぎなかった事が分かり、今そのままで自分の人生は神に祝福された百点満点の人生であったと分かり、大安心と法悦で満たされるのである。それが現象はナイ、実相が今、ここに独在していると悟る事である。ここに吾等は今、そのままで成仏している自己の実相を見出すのである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-09-25 12:17 | 信仰 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10264415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukio aono at 2009-09-25 18:50 x
合掌 ありがとうございます。         すべてはこれ心。

> 真の信仰とは今、このままで現象はナイと悟る事である。

ほんとうの信仰は、こうですよ と。信仰への心構えが
きまってきます。読み返すたびに、素直になれる自分がいて、
嬉しくも、また頼もしくも思えました。
機縁に触れる文章を、ありがとうございます。
                                敬礼
Commented by 長瀬 祐一郎 at 2009-09-25 21:38 x
堀浩二先生 合掌 ありがとうございます。
昨日と今日の記事、特に心に染み入りました。
最近周辺で何かとイザコザが多く、現象的に精神的疲労が蓄積される感じなのですが、聖経読誦はもとより、聖典を音読すると、その言葉のリズムに心が癒やされます。
今夜は更に、堀先生のブログにも、心を癒やしていただきました♪
感謝再拝
Commented by koujihori at 2009-09-28 10:17
aono様

 信仰はそれによって現象を良くするという事であるならば、とても苦しいものになってしまいます。今そのままで神の流れである、神に生かされた人生であったと悟る事こそが常楽の道ですね。
Commented by koujihori at 2009-09-28 10:19
長瀬さん

 コメント有り難うございました。お役に立ててなによりです。吾々は自分で生きているのではなくて、神に生かされているのですよね。それが分からないから色々と心労が起こって来るのです。
<< 全部神様がやって下さる。 我(が)が本来の能力を抑える >>