如何なる問題もナイ

 如何なる問題もナイのである。私は以前、実に悩み多き人間であった。しかし、悩みが多いと言ってもその時、悩んでいる事は大抵、一つであって、同時にいくつも悩む事は無かった。即ち、常に悩んでいるのだが、その悩む対象というのは常に入れ替わるのであった。
 その内、自分で気付いて来た事は自分は色々悩んでいるがさっきまであれほど深刻に悩み、これさえ無ければと思っていたはずの悩みは今はすっかりそんな事はどうでも良くて、今はまた別の事で悩んでいると言う事であった。要するにこれが悩みだ問題だと思っていた事は具体的に存在するのではないのではないかと言う事に段々気づいて来た。
 即ち、こうした具体的問題があって、それは実に深刻な問題であると悩むのだが、実際はそんなものは実体が無いのである。

 生長の家の教えは現象はナイ、物質はナイと言う事である。だから、如何なる深刻な問題が具体的に存在する様であっても、それはナイのであり、全て、自分の心の影に過ぎない。言い換えれば自分の過去の人生にこれだけの間違いがあって、罪があって、取り返しのつかない汚点があって、それで自分は神様に顔向けできないとか本来の正しい道を歩んで来なかったとかその他こういうどうにもならない過去があるとか言うのは全て、ナイ事であり、それは単に現在の自分の心が歪んでいて、脳細胞、脳神経がそう感じる様になっているのである。その歪み無しの真っ直ぐな心であれば、自分の過去にも現在にも何一つ問題がナイのを如実に感じる事が出来るのである。
 その歪みというのは何かと言ったら、今そのままでここに実相独在、宇宙偏満の完全円満の神の国がここに展開しているのに目覚めていない状態である。

堀 浩二
by koujihori | 2009-10-09 12:31 | 信仰 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10319192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山崎 at 2009-10-12 21:34 x
合掌、ありがとうございます。

この間はお目に掛かれて大変光栄でした!挨拶くらいしか出来ませんでしたが、また機会があればゆっくりお話ができれば幸いです^^
堀先生も久都間先生も大変体格が大きく、それ以上に心はもっと広いと感じております。それと対照的に堀先生の声は本当に優しく柔らかさを感じました。ブログにもありましたが、あの声で自分の意見をズバッと言ったり、たまに言い争いになるなんて想像に難かったです。
両先生に縁を頂けている事にただ感謝しております^^
現象だけ見ると本当に問題や間違い、矛盾を感じますが、理屈抜きで常に神の方をみる習慣を更に養いたいです!
ありがとうございました。
再拝
Commented by koujihori at 2009-10-13 09:38
山崎さん

 有り難うございます。この間、お目にかかれて本当に嬉しかったです。山崎さんの高尚な御文章からして、もうちょっと難しい雰囲気の人かと思っていたら、とても純粋で明るい青年らしい青年だと思いました。やはり真理を勉強している人の一番の特徴は明るさなんですね。

 今度、久都間さんと皆で呑みませんか?
Commented by 山崎 at 2009-10-13 22:44 x
合掌、ありがとうございます。

難しい雰囲気ありましたでしょうか^^; 自分でも不思議に普段はどこにでもいる若者ですが、文章を書く段になりますと色々な言葉といいますか思想が降って来る感じがします。先生も片手にメモを携帯しているとお聞きしました。
明るいさよりは空元気といったほうが正解かもしれません^^; 神の子らしい真の明るさ一杯になりたいです!
そうです、今度呑みにいきましょう!愉しみにしてます^^
ありがとうございました。
再拝
Commented at 2009-10-13 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koujihori at 2009-10-13 23:22
山崎さん

>神の子らしい真の明るさ一杯になりたいです!

 そうですか。でも山崎さんは「そのまま」で充分明るい青年だと思いますよ。実は僕も昔は「明るく振る舞う」事が大事だ、そうしていれば段々明るくなると思っていた時期が長く続きました。でも、それって「今のそのままの自分は暗い」って言う心の裏返しなんですよね。生長の家の人はそういう勘違いをしている人が多いのですよ。榎本先生が強調されていたのは「生命の実相」第七巻が先にあるのではなくて一巻から六巻までが最初にあって、七巻があるという事でした。これって要するに人間神の子の信仰も無いのに形だけ真似ていても「仏作って魂入れず」「願無き行は仏の魔事なり」で要するに心のこもっていない我(が)の空回りなんですよね。それは神が神しているのではなくて、肉体が無理して神を演じているので、その内、続かなくなるのです。僕はそういう道を散々通って、「そのままでよい」即ち「今、そのままで完全円満」という事が分かりました。榎本先生のご指導によりです。そうしたら自ずと悦びも積極性も清らかさも大胆さも全ての神様の徳が出て来ました。でも、まだまだ現象的には発展途上です。
<< パートナーが悪い?(2) 病気をつかむな >>