そのままでよい(22)

 吾等は信仰生活していて、日々生長する。そして、失敗経験を通して自分のこういう考え方が良くなかった、こういう心の運び方が間違っていたとか分かる。それで今後はそれを改めて、こういう心構えで行こうとか思う。それはもちろん、尊い事であるがしかし、そうした事にもとらわれたら駄目なのである。即ちどんなに良い事でも一つの事にとらわれたらいけない。とらわれるのは吾が内の神ではなくて我(が)がそれをやろうとしているからである。

 そのままでよい。実相は自分で出て来るのだから、そのままでいて良いのであり、こうでなくてはならないと一つの事にとらわれたらいけない。吾々は日々、生長する中で一旦学んだ事はそのままでいて、自ずと臨機応変に実行される。真理を行じ、実行するのは吾が内の神のみである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-10-28 12:20 | 信仰 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10390640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なおちやん at 2009-10-28 22:10 x
堀さん
こんばんは、なおちやんです
唐突で悪いですけど
この頃『初心者』さんからの投稿がありませんね。
彼どうしたのでしょうか?動向知っている方は教えていただきたいです。
<< 今、そのままで完全円満である。(2) 神に生かされている >>