今、立て!(3)

 「今、立て!」という啓示は谷口雅春先生が生長の家を始めるきっかけとなった先生が神から受けられた啓示である。
 これは先生が生長の家の真理即ち、人間は神の子完全円満であり、それは内に無限力、無限供給を内蔵しており、現象はナイのであり、それは人間の心の影に過ぎないものであり、又、その心もナイものであり、本来あるものは完全円満の実相だけであるという事をお悟りになってはいたが、それが現象的に自分の健康状態として、経済状態として出て来るには若干の時間のズレがあり、実相は完全円満、無限力ではあっても現象的にはまだ過去の迷いの残像が残っている場合は不完全、不健康、貧乏があると何となく思っておられたのである。
 それで生長の家の人なら良く知っている所の例の盗難事件があり、先生が生長の家を始めるためにせっせと貯めていた財産がそれが貯まったと思ったら盗難にあうという事が一度ならず二度までもあった為に先生はその二度目の盗難で忽然と悟られたのである。

 それが「今、立て!」の啓示であり、その際に先生は神に最初はこう反論されている。それは「無限力、無限健康、無限供給なのは実相の事であって、現象的にはまだ自分は健康ではないし、経済的にも豊かではないので、現象的に健康になって、豊かになった時に生長の家を始めます」と言う事であった。しかし、それに対し、神は「既に無限健康も無限供給も与えてある。今の他に時は無い!現象はナイ!今、立て!」と示されたのである。その啓示に従って、雅春先生はすぐに生長の家の運動を輝子奥様と始められ、私財を投じて、「生長の家」誌一千部を自費出版され、それを理解のありそうな知人に無代進呈されたのであり、そこから現在の日本国内海外併せて200万の信徒を有する大教団が出来たのである。
 これはもちろん、生長の家の運動ばかりの事ではなくて、吾々の本質の問題そのものの事である。吾等は生長の家を信仰していて、何か自分に健康上の問題や経済上の問題がある場合、完全円満、無限力なのは実相の事であって、現象の肉体とか経済状態は不完全であり、それを改善する為には生長の家の完全円満の信仰が訓練によって潜在意識に浸透する必要があり、そうなってから徐々に自分の健康も経済も良くなるなんて漠然と考えるのである。しかし、そう考える事は即ち信仰を現象を良くする為に利用する事になるのであり、現世利益を求める取引信仰になるのである。

 吾等は現象が何であろうと今、完全円満であり、無限力であり、無限供給である。それが現象的に出て来ないのはまだ駄目だ、まだ信仰が潜在意識に浸透していない、だからまだその反映が現象には出ていないと思って、今既に与えられている無限力を行使していないからである。

堀 浩二
by koujihori | 2009-11-02 12:28 | 信仰 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10409268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 国内格安航空券【T at 2009-11-04 10:06
タイトル : 年末年始の国内格安航空券、格安ツアー
年末年始の国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない連休や年末年始も格安で購入できます。JAL・ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。... more
<< 生長、進歩とは何か? 組織を良くするコツ >>