今、自分に与えられた事は実現可能な事だけである。

 先日も書いたかも知れないが、私は生長の家の教えの中で最も素晴らしいと思うのは「神様は決して、出来ない問題を与え給わない。」という教えである。いくら神の子無限力と言っても「それならお前、ジャマイカのウサイン・ボルト(100メートル走の世界記録保持者)とかけっこして勝てるか?」と言われたら勝てっこないのである。

 人間神の子無限力というのは今、自分に与えられた事は必ず出来るという事である。自分に与えられた問題と言うのは実は自分自身が作り上げた問題である。それは現象的には感心しない心である。恐れとか、迷いとかそんなものである。しかし、その円満でない自分の心が病気とか経済的窮地とか不調和とかそうした人生の試練を自分の運命として作り出すが、だから、自分は駄目な人間という事ではなくて、実は自分の無限の可能性を鍛え出す為にそうした試練を自分の人生に作り出すのである。

 それで、その自分に与えられた問題の中で命が全力を出して、燃え上がる時、本当の生長進歩があるのである。それは言うなれば自己の実相の完全円満さを引き出すべく自己が自ら作り上げた練習器具みたいなものである。

 私は何回も申し上げるが、十年以上前に本当に人生を諦める寸前まで行ったのである。それをぎりぎりの所で踏みとどまらせたのがそれまで繰り返し拝聴していた谷口清超先生の講話テープにあった「解決出来ない問題は決して与えられない」の教えである。私はその言葉にしがみつき、頑張り抜いた。そうしたら、その先は嘘のような素晴らしい神に生かされるばかり、悦ぶばかりの世界であったのである。

 「今、自分に与えられた事は実現可能な事だけである。」この言葉ほど、吾々に人生を生き抜く実際の力となるものはない。

堀 浩二
by koujihori | 2009-11-30 12:27 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10509551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 既に悟っている。 本当の信仰とは(2) >>