人の言うことを気にするな

 世の中には魂が幼くて、他人に対して、平気で誹謗中傷したり、否定する人がいる。それでそれをまともに受けて、落ち込んだりする事もあるかも知れないが、実は人に何を言われようと一切気にする必要は無いのである。

 自分は誰が何と言おうと素晴らしいのであり、自分の人生は自分の中の実相が自分で出て来る人生でそのままで素晴らしいのである。それを誰も否定する事は出来ないのである。

 (現象的には吾々は試行錯誤の繰り返しであり、その中ではいくらでも失敗とか勘違いとかをする。そうした事を他の人に注意されれば、それは素直に認め、反省し、改めるべきである。その繰り返しが素晴らしい生長の道なのである。
 その反省とかはそのままの自分に確固とした自信があるから出来るのである。人間は自分に自信が無ければ、自分の過ちを認める事は出来ないのである。)
堀 浩二
by koujihori | 2009-12-04 12:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10523699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 信仰で自分の状態を良くしような... 実相は自分で出て来る(26) >>