生長の家はナイ

 「生長の家はナイ」などと書くと生長の家信徒の人は面食らうだろう。だが、真実を言えば生長の家はナイのである。生長の家は昔はああだったが、今はこうであるとかそういう事を言う人が沢山いるが、そもそも生長の家はナイのだから、そんな議論も空虚である。
 それは生長の家の真理自ら説いている事である。生長の家の真理とは現象ナシである。従って、信徒各自それぞれこれが生長の家だなどと心につかんでいるのはその人が単に自分で認識しているその人の心の影であって、そういうこれが生長の家だなんていう生長の家はナイのである。それが正に生長の家の真理である。そういう生長の家が昔は良かったが今は間違った方向に行っているとか生長の家は本当に正しいのかなんて考えるのもそもそもそうしたナイものに正しさを求める方が間違っているのである。
 生長の家はナイ。そこに根拠とか正しさを求めるな。自分の中にある神の国のみが生長の家であり、それ以外には何もない。そのままでよいのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-01-07 12:18 | 信仰 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10638888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 元本部講師 at 2010-01-08 00:42 x
堀さん・・・
今年はあなたがマサノブさんに怒られる年になり
あなたが何かに気がつき、今の教えと言う空虚なモノと
離別する年になりそうだと
私は思いますよ。予言しておきます。
昔わたはしはHONNEさんにも同じことを言った長老ですよ。

興奮して文章を書くと、あとで後悔しますよ。言葉は残ります。
このコメントを削除するならあなたの言葉とともに消した方が
良いですよ。小さなコップの中の講師さん。
Commented by koujihori at 2010-01-08 10:10
honnne様、元本部講師様

 今回は話題が話題だけに予想通りの反響というか反論ですね。ところで無門関に「師に会うても師を殺し、仏に会うては仏を殺し、親に会うては親を殺し」というくだりが出て来ますね。もちろん、これを文字通りに受け取って、実際の親とか師の生命を奪う事だと解釈したら大変な事になります。
 親に感謝しよう、師に感謝しようとしても親というものが自分とは離れた現象として存在するものであるならばその親は自分の兄弟となる水子を殺した親であるならばそんな親に誰が感謝出来るでしょうか?私はそういう状態で苦しんでいる人を沢山知っています。また、自分は生長の家に救われたから恩返ししなくちゃならんなどと言って、それにとらわれていれば真の感謝など出てこないです。

 これらの現象の外界の親とか師とかをナシ!と断じ切った所に初めて、吾が内に真の有り難い親とか師を見いだすのです。私も現象の生長の家はナイと断じ切った所に真に久遠を流れる生命である真の生長の家の生きた展開の運動である現総裁谷口雅宣先生に中心に展開されている運動に中心帰一出来る信仰になっています。
Commented by 七氏 at 2010-09-02 23:51 x
>これらの現象の外界の親とか師とかをナシ!と断じ切った所に初めて
それが団塊オヤジの薄っぺらい環境問題ってのは笑っちゃうよね。
専門に居ますが大半のエコロジスト同様、彼の環境問題の把握は表面的で感情的。
というか、実相を観るのが生長の家の教えでしょ。
何で、教団ごと現象に掛かりっきりなのかと?
人類救済や日本国実相顕現はどこいったのよ。
雅宣氏の趣味の教団運営でしょ。
頑張って中心帰一して下さい。
雅春先生は泣いてるよ。
Commented by koujihori at 2010-09-03 11:18
七氏さん

 こういう無礼なコメントは削除する所ですが、他の人の参考の為にあえて、掲載しました。

 あなたは日本に住んでおられますか?この夏の連日35℃を越える状態、数年前まで存在しなかったゲリラ豪雨なるもの、そして、この状態はもちろん、日本だけではなくて現在、テニス全米オープンで行われているアメリカニューヨークでも同様の暑さ、そしてロシアの干ばつ、パキスタンの洪水、これらの状況を見て、あなたは何も感じませんか?

 地球温暖化が確実に進んでいる事、そして、それが人間が出す炭酸ガスとメタンガスの温室効果によるものというのはIPCCの世界の気象科学者達が結論づけている事なんですよ。(多分ご存知でしょうが)

(続く)
Commented by koujihori at 2010-09-03 11:19
七氏さん

 もう議論の段階ではなくて行動の段階なのです。だから生長の家本部は八ヶ岳に移って、出来るだけ自然の中で自然と共生して、そのエネルギーも太陽光発電などの自然エネルギーから得る生活を自ら実践しようとしているのです。これは半端な覚悟じゃないですよ。現在は政治家が実業家が本当に音頭を取って、CO2削減の為に本気にならなかった吾々の子孫どころか子の代には地球は生命が住めない状態になります。でも、それを誰も中々やらないし、言わない。だから、もう心ある人達、生長の家の様な真面目な宗教団体が自ら率先して、人類否地球生物滅亡を回避する為に行動しなければならないのです。

(続く)
Commented by koujihori at 2010-09-03 11:19
七氏さん

 それを雅宣先生はずうっとやられているし、これからもやられるでしょう。それは神意によるものです。あなたは分かりませんか?それからこの地球温暖化の事は雅宣先生が言い出したんじゃないですよ。清超先生です。私は約30年、第一線で生長の家の活動をしているから良く知っています。
 この生長の家の運動は谷口家の人達が思いつきでやってるんじゃありません。住吉大神の宇宙浄化の働きに応じて、行われる神の運動です。そこから、その時代時代に応じて最も大事な運動が行われるのです。
<< 生長の家の真理にとらわれるな 上達進歩とは内に完全円満を発見... >>