本当の智恵は自分の中にある。

 本当の智恵は自分の中にあるのである。吾々は何かのやり方とか知識を考えすぎる事がある。テニスでも判断に迷う事があり、相手のサービスがどこに飛んで来るか考えすぎると分からなくなり、又、漢字なんかでもちょっと迷って頭で考え出すと却って分からなくなる。
 先日も私は相愛会の会議で閉会の祈りをしたのだが、会議の最中、何の気無しに祈りの言葉を頭の中で確認していたら、ちょっとある所に引っ掛かったら、もうど忘れして分からなくなった。何をど忘れしたかと言えば、光明思念の歌(みすまるのうた)である。通常はこれは二回続けて唱えるのだが、改めて頭で考えると一回だったか二回だったか分からなくなった。これは毎日、神想観でやっているのにかかわらずである。

 私は焦った。何度頭の中でシミュレーションしてもすればするほど分からなくなってしまった。それで横にいる対策部長さんに会議中に小声で「光明思念の歌(みすまるのうた)は一回だったでしょうか?それとも二回唱えるのだったのでしょうか?」と質問したい衝動に駆られた。しかし、私はそれを我慢した。
 私は神想観で唱える言葉が分からなくなった場合、無闇にテキストを確認するのではなくて、「神想観は神想観が教えてくれる。他に頼るな」と想っているので、内側から教えてくれるのを待つ。そうすると自ずと分かる事が多いのである。
 そんな訳で私は他の人に光明思念の歌(みすまるのうた)が一回だったか二回だったかを聞く事は真理を自分の外に求める事になると思って、それをせず、会議の最後にいよいよ私が閉会の祈りをする際に「内側から神の導くままにしよう」と覚悟を決めて臨んだ。そうしたら招神歌から始まって、一通り祈りの言葉を終えて、いよいよ最後の光明思念の歌(みすまるのうた)を唱える段になった時、自ずとその場の雰囲気、全ての周りの気から光明思念の歌(みすまるのうた)は二回であると感じ取る事が出来、無事に閉会の祈りをする事が出来た。
 読者の方は何を光明思念の歌(みすまるのうた)位の事でと思われるかも知れないがその時の私に取っては正に自らを賭した命がけの時間であった。

 吾等は智恵は脳髄にあると思うかも知れないが本当の智恵は腹と言うか、吾が内の神の中にあり、それが必要な時に必要なだけ出て来るのである。それをそう思わないで外に頼るから智力が出ないのである。外に頼る事は智力を訓練しない事につながる。そんな事を繰り返していれば、神の智恵のレシーバーである脳髄も鈍いものになってしまうのである。
 全ての知識は自分の中にあると思って、外に頼らない事である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-01-29 12:56 | 信仰 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10713954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なおちやん at 2010-01-29 23:42 x
堀さんと言うあろうお方が初歩的な事で悩むとは考えられませんな、ともすれば肝心要の話はうわのそらだったのでしょう、可哀想に
<< 運命のえり好みをするな そのままでよい(26) >>