早く動こうと思うな。早いと知れ。

 映画「マトリックス」は実に哲学的示唆に富んだ優れた映画である。でも続編は何故か陳腐な作品になってしまっているのは不思議である。

 ところでその「マトリックス」の中でのシーンだが、主人公ネオが師匠であるモーフィアスにカンフーの指導を受けているシーンがある。その時、モーフィアスがネオに「早く動こうと思うな。早いと知れ」と諭す場面がある。 要するに武道を極める為には自分を如何に見るかという事が大事であり、自分を遅い動きしか出来ないでくの坊と見て、それを無理に早く動こうとするのでは駄目で自分は優れた能力を持った早い動きの出来る武道家であるという自覚を持つ事が大事であると言うのである。

 吾々は生長の家を学んで、生長の家の生き方を学ぶ。それでこうでなくてはならぬと自分をそして家族を縛る事がある。しかし、それでは駄目である。
 神になろうとするのではなくて、神であると知れ。そうであれば自分の行動や言動を神らしくしようとかの気苦労とか神らしくない行動をしてしまったなんて事でくよくよする必要は無くなる。そのままでよいという事が分かる。しかし、それを自覚すれば自ずと自分の行動と言動が素晴らしいものとなるのである。その事は聖典「生命の実相第一巻」に出て来る。そこには「自分の生命を如何に見るかという事が何事においても根本になる。自分を肉体を超えた尊い神の生命であるという自覚が全ての道徳的生活の規範になる。自分が尊い神の生命であるという事が分からねば自分の生命の元の親様である神を尊ぶゆえんも分からず、自分と同じ神の生命である他人の生命を尊ぶゆえんも分からなくなる。」とある。
 それでは逆に自分が尊い神の生命に生かされた神そのものであると分かれば、自ずと神に感謝し、天地一切のものに感謝し、それらを尊んだ生き方が出来るのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-02-10 12:10 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10755214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なおちやん at 2010-02-12 00:14 x
『形から入って、形から出よ』例えですな。
Commented by koujihori at 2010-02-12 10:49
なおちゃん

 遂に本文に関係あるコメントしてくれましたね。有り難うございました。
<< 生長の家とは何か(13) そのままでよい(27) >>