実相は自分で出て来る(33)

 吾々の生命の実相の完全円満、無限力と言うのは自分で出て来るのである。時期が来れば段階を追って、自ずと出て来るという事である。それを無理に出そうとするのが我(が)である。良くなろう、分かろうとして今目の前の事を離れて、あくせくしたり、一つの事にとらわれて、考えすぎたりするのである。それが我(が)であり、そういうのを我(が)が強いと言うのである。そういう人は神に生かされているという気持ちが無いから常に戦々恐々として心に平安が無い。その心が高じれば所謂ノイローゼという事になり、それは自分の事ばかり終始考えているから利己主義という事になる。聖典「生命の実相」の中で谷口雅春先生が「ノイローゼとか不眠症って言うのは利己主義の人がなる病気だ。愛他的になったら治るよ」と仰っているのはそういう事である。

 私の尊敬するA先生は常に「そのままでよい」と仰っていた。そして「「そのまま」の反対「我が儘」」とも良く仰っていた。要するに「良くしよう」「分かろう」というのが我(が)の働きであり、それはとりもなおさず、「実相を何としても引きだそう。それも今すぐ、完全に」と頑張る心である。それがある面、利己主義と言う事にもなるのである。

 しかし、自分が今、完全円満、無限力であると言う事を悟れば、そういう我(が)も自ずと消える。その事も「実相は自分で出て来る」と言う事である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-04-19 12:25 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/10981698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 三谷文人 at 2010-04-20 10:14 x
 有難う御座居ます

 >吾々の生命の実相の完全円満、無限力というのは自分で出て来るのである。時期が来れば段階を追って、自ずと出て来るという事である。

 神様の完璧なプログラムに従って、早くもなく、遅くもない丁度良い時季に実相が出て来るわけですね。現に今もそうして完璧に生かされている。先ずはそれを悦びたいです。
 
 本当の自分は今、円満完全、無限力であり、既に悟りを啓いていますから、その自分をどこまでも拝むだけです。私達の人生は、凡夫が仏になっていく過程ではありませんからね。

 
Commented by koujihori at 2010-04-20 10:50
三谷さん

 三谷さんはいつも僕の意をくみ取って下さいますね。有り難うございます。

>神様の完璧なプログラムに従って、早くもなく、遅くもない丁度良い時季に実相が出て来るわけですね。

 そうなんです。ここがそのまま実相世界であり、自分が神ですね。神になろうというのが間違いですね。
<< 自分が神である。(4) 余命一年のシンガー >>