悪いところを無理に良くしようとするな。

 吾々は普段生活していて、色々な場面で不完全な状態を目の当たりにする。職場でも地域でも生長の家の組織でも。それで、自分の理想と比べて、ああすればよいのに、こうすればよいのにと歯がゆい思いをしたり、本来でない事をする相手を批判したり、又は無理矢理、自分の思い通りにしようとする。しかし、こんな事では上手く行かないのである。

 悪い所を見つめて、良くしようとするのではなくて、良い面に感謝すべし。そして、今目の前の事に全力を尽くすべし。実相は自分で出て来るのであるから、無理に悪い所を我(が)で良くしようとするのではなくて、実相が自分で出て来るのを待つべし。

堀 浩二
by koujihori | 2010-04-28 11:59 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11022363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家とは何か(14) 生かされている(13) >>