生かされている(14)

 生長の家の神髄は「生かされている」と言う事である。それは同時に実相は自分で出て来るという事でもある。その事に目覚めるのが真の信仰である。
 私は先日、母が肺炎で一時命が危ぶまれた夜、母の病室で一晩、母に付き添ったが私は生長の家に神癒祈願を出す訳でも無く、横で聖経を誦げる訳でもなく、ただ、横のソファで体を休めていただけであったのである。そうしたら、自ずと私は母の運命を神に全託する心となり、余計な力を抜いて真の全託状態になった。とても楽な心地であった。そうする中、自ずと私は母のそのままで完全円満の実相を観じていた。それと同時に自分の念力ではなくて、母の完全円満の実相が母の実相自ら光り輝いて来て、私はそれを自ずと観ずる事が出来た。私が頑張って精神を統一して母の実相を凝視した訳ではなくて、母の実相の方から自ずと浮かび上がって来たのである。翌朝、母はぐっすり眠れたと言って、とても元気になっていた。

 これが実相が自分で出て来るという事であり、生かされているという事である。これが生長の家の神髄である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-05-12 12:24 | 信仰 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11098178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuko at 2010-05-12 13:42 x
本当に素晴らしいですね。                           2,3日前に32才の青年が私を訪ねてきました。その方はとても純粋で真面目な方でした。自分の人生をやり直したいと言い、どうしたらいいのかと途方に暮れてました。私は「あなたは全く間違ってないよ。あなたが自分のことをどう思っていようとも、あなたの生命は常に変わらずキラキラピカピカ輝きっぱなしで、あなたはずっと素晴らしいよ。神様に完全に生かされてるんだから、僕は素晴らしい!!と思って悦ばないと勿体ないよ。」と言うと涙を流して笑みを浮かべ青白い顔が赤らんで、「僕は素晴らしいんですね~」と悦んで帰られました。
Commented by koujihori at 2010-05-12 16:27
yukoさん

 本当に素晴らしいですね。このままで有り難いんですよね。

 ところで2才とは随分若いですね。(間違いですよね)
Commented by koujihori at 2010-05-12 16:33
yukoさん

 すいません、間違っていたのは僕の方でした。よく見たら、上の行に3の数字がありました。失礼しました。
Commented by なおちやん at 2010-05-12 18:29 x
堀さん?『なおちやん』だす
まあ人の事言えませんが、堀さんもお母さまの事で身心疲弊磯城っていたぬです。幻覚と言う人もいるんですが、実相は七色という感覚を持っています。良かったですよ黒色だったら間違いなく術中八区あの世行きDAKARA。まだまだ安泰です
Commented by koujihori at 2010-05-13 13:44
なおちゃん

 >まだまだ安泰です

 有り難うございます。
<< 悪に刃向かうな ここがこのまま神の国である。(2) >>