生長の家とは何か(17)

 生長の家は素晴らしい、魂の解放される教えである。しかし、その本質をつかまないで我(が)でやろうとしているとああでなくてはならぬこうでなくてはならぬとも受け取れてしまう部分もある。だから、その周縁の教えではなくてその神髄の中心の教えをつかむ事が大事である。

 神髄の部分とは何か?それは実相独在の真理である。自分が神であるという真理である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-06-11 12:22 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11297014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実相は自分で出てくる。(36) ナイと言葉で言えるもの、全てナイ。 >>