実相は自分で出てくる。(36)

 生長の家には生長の家の生き方がある。しかし、これを我(が)がやろうとしたら大変である。朝の時間を生かせとか感謝せよとか夫にハイと言えとか愛行せよとか伝道せよとか常に善念を把持せよとか色々あるからである。

 しかし、実相が出て来れば自ずとこれらの行は出来る様になるし、何をやっても能力が発揮出来るようになるし、運も向いてくる。そして、得意な所から伸び伸びと伸ばすという生き方も自ずと出て来るのである。それは誠にも自分の我(が)の力ではない。神の御力である。
 
 それ、即ち、実相は自分で出て来るという事である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-06-12 10:00 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11303653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そのままでよい(32) 生長の家とは何か(17) >>