実相は自分で出て来る(37)

 実相は自分で出て来ると言っても何もしないでボーっとしているという意味ではない。ましてや自分の意志と無関係に勝手に手足や口が動くというのでもない。
  
 色々な経験を重ねる中で自分で「これは本当にそうだな」と自分で分かって、自らの意志でこうしよう、ああ言おうとして出て来るのである。そして、それは自分の様で自分ではない内側からの神の催しなのである。吾等は今神であり完全円満であるから色々な経験を積む中で自分で悟るのである。従って、吾等は神であるからその実相は自分で出て来るという事にならざるを得ないのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-06-14 12:21 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11318115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 事故とか災害はナイ そのままでよい(32) >>