朝の来ない夜は無い。

 谷口清超先生が御講話で仰っていた。「もう駄目って事は無いんです」と。吾等は色々、人生に於いて失敗する事がある。病気や倒産や家庭内争議とか色々な困難な状況に見舞われる事がある。そうなると「もう駄目だ。」なんて絶望しがちである。
 
 しかし、そんな事は決して無いのである。迷いは必ず晴れ、困難は必ず消える。何故ならそれらは真実在ではなくて悟りの基礎工事に過ぎないからであるからである。この世界は神と神よりいでたるものしか存在しないとは聖経「甘露の法雨」にあるとおりである。従って、現象的に如何なる苦難が訪れようともそれは内なる神、実相が自分で出て来る為の準備期間というか基礎工事に過ぎないのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-06-23 12:21 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11383870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 祈り そのままでよい(33) >>