問題はナイ(11)

 悩みの具体的対象即ち問題というのは存在しないのである。私の尊敬するA先生は「問題はナイ!」と一刀両断されていた。
 問題や悩む対象というのは存在しないのであり、今そのままでここがそのまま完全円満、実相楽土の世界であるのにそれを認識する自分が勝手に心を歪ませて、悩んでいるに過ぎない。
 そして、悩む対象というのは次々と変わって行くものである。悩む対象は次々と変わって行くがそれは元はと言えば心の歪みに過ぎない。
 
 だから、放っておくべし。実相が吾が内から自分で出て来れば、心の歪みも自ずと正しくなり、悩みや問題は消える。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-07 12:18 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11486145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 現象はナイ 実相は自分で出て来る(38) >>