現象はナイ

 「蛇ににらまれた蛙」という言葉がある。又、聖典{生命の実相」には目の前の地面に白墨で線を引かれた鶏がそれを自分を縛る縄と勘違いして身動きが取れなくなったという話が出て来る。

 それは皆、アルという事に縛られた結果である。吾等は現象がアル、自分以外に何かがアルと思ったら最後、それに縛られて自由自在を失うのである。例えば男性などは誰でも経験があると思うが素晴らしい美人が目の前にいると思うとそれだけで固まってしまうなんて事もある。 

 ナイと否定せよ。どんなに素晴らしいものでもアルと思ったら、それに縛られるのである。女もナイ。師もナイ。親もナイ。それら全ての現象をナイと否定した時に内側から神の国が浮かび上がる。その時、全ての存在に満腔の感謝を捧げる事が出来るのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-08 12:20 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11494044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今、そのままで完全円満である。(5) 問題はナイ(11) >>