完全主義

 世の中には変わっている人もいて、外国の話だが何人も相手を次々と替えて離婚、再婚を繰り返し、何と26回も結婚した事がある男性がいるそうである。これって随分不真面目な女ったらしに思うかも知れないが実はこういう次々と相手を替えて結婚する男性というのは非常に純粋な人間なのだそうである。

 要するに結婚したはいいが何か奥さんに欠点や不満点を見つけて、それで理想の相手を求めて、結婚を繰り返すと言うのである。

 この様に外の世界又は現象に完璧を求めようとする人はどこまで行っても飽くことが無いのである。真の理想の国、神の国は自分の中にある事を悟らなくてはならないのである。そうすれば自分の人生そのままでOKと分かり、自分の結婚した相手が正に理想の半身であった事に気がつくのである。
 そのままで今既に完璧であると知れ。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-13 12:28 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11532087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 問題は神が消して下さる(10) 本当の信仰とは(3) >>