今、そのままで完全円満である。(6)

 吾々は神の子であり、完全円満である。それはこれからそうなるのではない。今、たった今既にそうなのである。それを悟った時に初めてそこから無限生長が始まる。まだ駄目だ、まだ力が足りないと思って、これからそれを増しなものにしよう、良くしよう、そうしたら初めて悦べるというものではない。そんな事を言っていたら永久に悦べる時など来ない。

 今、そのままで全ての事は上手く行く。出来る。分かる。全ての問題は自ずと解決されている。それは我(が)の力によりそうなるのではなくて全知全能、宇宙に遍満している神の御力によりそうなるのである。それを我(が)で上手くやろう、分かろうというのが間違いである。
 そして今、無限力、無限智という事はもうこれで良い、もう向上する部分は何もないという事ではない。今そのままで完全円満であるという事は同時に無限生長であるからいくらでもそこから更に伸びるのである。その心境でいる限り、今に全力を傾注して努力しよう、学ぼうという気持ちになるのである。それが生長の家である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-20 12:05 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11582865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 問題はナイ(12) 人格もその人の実相の一面である。 >>