実相は自分で出て来る(39)

 聖経「続々甘露の法雨」には「ただそのままであれ。ただそのままであれ。」という言葉が出て来る。要するに吾々の実相を顕現させるには吾々の念を正しいものにする必要があるが、その為に善を思うとか全託の心になるとか思い切って行動するとか色々の手だてがあるのである。だが、それでも恐怖心を克服出来ない時があるのである。

 そういう時は本当の本当の全託の心境になると良い。私の尊敬するA先生は「皆さん。全託って言ったら本当の全託ですよ!」と仰っていた。実相は自分で出て来るのである。何も心配は要らない。そのままでよい。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-22 12:27 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11597299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そのままでよい(34) 問題はナイ(12) >>