今、そのままで無限生長である。

 今、このままで無限生長である。それは表面的には色々と紆余曲折はあっても、それがそのまま神が御自分で出て来る姿である。

 吾々は波動の世界に住んでいる。そして、現在の現象は過去の念が波動的に現れて来たものである。だから、現象世界は良くなったり悪くなったりして、ゆらゆらと陽炎の様なものと言われるのである。よって、その善し悪しに一々心を引っ掛からせない事である。
 そして、その自分の行動とか想念というのも過去の自分の念が出て来たものである。ふと何の気無しにこういう事を思うとかやるというのは過去の念の現れである。逆の言い方をするとそれが現れた事により今まで念の世界にあったものが消滅するのである。そして、面白くない事をやってしまったりする。執着してしまったり、淫らな事を思ったりしてしまったりする事もあるかも知れない。だがそれは原因ではなくて結果である。そういう時は「自分はつまらないものだ。下らないものだ。」と思う代わりに「ああ、これで自分の悪業が消えた」と悦ぶが良いのである。

 そして、現象的に如何なる紆余曲折はあってもそれがそのまま吾が内の神なる実相が自分で出て来る過程であるのである。だから悪行動、悪現象、病気とかの症状が出て来ても「これで消える」と思い、それ以上に「これが実相の自己顕現の過程だ。これでより悟りが出て来る。」と思って「そのまま」であれ。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-26 12:28 | 信仰 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11623065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuko at 2010-07-26 13:14 x
堀さん、素晴らしすぎ!!!
Commented by koujihori at 2010-07-26 16:08
yukoさん

 有り難うございます。短いコメントでも気持ちが伝わります。
<< 今、そのままで完全円満である。(7) そのままでよい(34) >>