そのままでよい(34)

 吾々の生長と言うのは要するに実相がより観じられる様になるという事である。全ては今そのままで良いのであって何も良くする必要は無いのである。だから、その既に良い実相を観じる事が出来れば良いのである。観じるだけで何もしないかと言ったらそうではない。無限が観じられればられるほど、無限生長し、無限創造するのである。それは神に全託して神に完全に導かれながら、大安心の元に悦びのままに無限創造、愛行をして行く事である。

堀 浩二
by koujihori | 2010-07-29 12:13 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11642590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 神様が全て解決して下さる。(2) 今、そのままで完全円満である。(8) >>