実相は自分で出て来る(40)

 以前、ある練成で生長の家のある先生がこんな話をしていた。「僕らの肉体も環境も全部僕らの心の影です。だから、如何なる問題が出て来ても、実際にそうした問題があるのではなくて、僕らの心の影に過ぎないんだから、僕らの心を変えればいいんです。でもその心をどう変えるかが大問題なんです。」

 要するに生長の家で環境も肉体も自分の心の影だから心を良いものにすれば現象も良くなるのは分かっているのだがその心がどうにもならないと言うのが大方の生長の家の人の悩みではないだろうか?

 それを一刀両断に解決したのが私の尊敬するA先生である。それは「実相は自分で出て来る」という御言葉である。吾等の実相は自分で出て来るのである。実相が自分で出て来る事によって、自ずと悟りが深まる。そうすると自ずと日常生活における心とか行動が清まって来るのである。心を変えようなんて思うのは心というものがアルと思う迷いである。心もナイ。現象もナイ。実相独在であるとういのが生長の家の真理であり、それは実相は自分で出て来るという事なのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-08-06 12:26 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11692484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そのままでよい(35) 今、そのままで完全円満である。(9) >>