実相と実相が自分で出て来る事しか無い

 この世界には実相と実相が自分で出て来る事しか無い。自分の人生が如何なるものであってもそれはただ自分の実相が自分で出て来ただけなのである。
 過去に何か良くない、本来でないものが見えているとしたら、まだ自分の実相が開顕し切れてなくて、実相を観る目が開かれていないから自分の過去もそのように不完全に見えているだけであるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-08-26 12:23 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11809035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そのままでよい(37) 無限生長 >>