問題はナイ(13)

 私の尊敬するA先生は「問題はナイ!」と一喝されていた。通常、生長の家に来る人は病気とか子供の問題で救いを求めに来るのである。そして、生長の家の真理でその病気他の問題の解決を図ろうとする。しかし、生長の家の教えには「生長の家は病気治しの場ではない。病気が治りたかったら医者にかかりなさい」というものがある。

 生長の家は病気を治し、肉体をいつまでも生きながらせる事を目的としているのではない。「肉体はナイ。現象はナイ。人間の生命は永遠不滅の完全のものである」という事を悟る事を目的としているのである。病気が治ったり、その他の現象が良くなるのはその結果に過ぎない。

 問題はナイのである。今、如何に目の前に問題が山積している様に見えてもそんなものは存在しない。今を生きて、内側からの神の導きのままに行動すれば、全ての問題は神が解決して下さる事を実感するであろう。

堀 浩二
by koujihori | 2010-09-01 12:23 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11843276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実相は自分で出て来る(41) 清まるという事 >>