実相は自分で出て来る(42)

 実相は自分で出て来る。それは我(が)が無理に外側から自分を矯め治す事により、出て来るのではないのである。先ず、「今、自分が神である」という観念の悟りがあって、そこから自ずと後から、神らしい生き方が出て来るのである。
 
 聖典「生命の実相」生活編にある「朝の時間を生かせ」という事も私の場合、自ずと出来る様になったのである。それは朝の時間を利用せずに昼間の時間を欲張って、一度に色々やって行く内に今に集中出来なくなって、その結果、集中力も判断力も記憶力も筋力も低下して行った経験をして、今に集中して心を込めて行う尊さが身にしみて分かり、又、色々な創作活動や勉学も朝の時間を利用するしかないという事になって自ずと朝の時間を利用する事になった。それもとても気持ちよく睡眠が取れ、自律神経が癒されている心地よさの元に気分良く起床する事が出来、そして、この文章も現在、早朝5時35分の時点で書いているのである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-09-07 05:35 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/11876326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 我らの内なる本当の生命は今、完... 実相は自分で出て来る(41) >>