ボールを良く見ろ?

 僕はテニスをやりますが大学時代は美術部の他に野球同好会にも所属してました。それでバッティングとかテニスで必ず言われるのが「ボールを良く見ろ」って教えです。でもこれはっきり言って間違いです。確かに王選手とかボルグ選手のボールを打つ瞬間の写真を見るとボールを凝視している様に見えます。でもこれは「ボールを良く見よう」としているのではなくて「打つ瞬間に集中してる」んです。

 僕は雅宣先生の「マルチタスクはほどほどに」の御文章で今まで自分が如何に今をおろそかに雑に生きていたかを知り、改める事が出来ましたが、それって僕のそれまで悩んできた記憶力、判断力、運動バランスの低下の原因だった事が分かり、それからは今をじっくり味わう要するに今に集中する事で何でも出来る気がします。

僕は目覚める前は我(が)が強かったのです。それは気が焦って「オレかオレが」とせいていたので先へ先へと思って、今に集中してなかったからテニスも上手く行かないし、英語のリスニングなんかでも頭に入って来ないから分からなかったのです。

※以上は生長の家のpostingjoyに私が投稿した文章である。これに解説を加える事とする。私は今まで神に生かされているという自覚が観念的にはあったがそれが自分の普段の行動として表面に出て来ていなかった部分があるので何をするにも「私が、自分が」という我(が)の力みがあったのである。だから、今を味わって生活せずに意識が先へ先へと焦っていたのである。そこには神が出ていないから無限力を発揮する事能わずして、色々と難儀があったのである。しかし、私の中から神がいよいよ自分で出て来て、ますます顕在化して来たので私の我(が)が消えて、今に集中する生活となった来たのである。それ我(が)ではなくて、神が自分を噴出口として吹き出ているのである。繰り返すがそれは私という我(が)ではなくて神がおやりになっているのである。
 だから、そこに無限力が発現して来て、色々な事に無限力を発揮出来る様になって来たのである。そうなれたのは全て、私の中の神がご自分で出て来てますます顕在化して来たからである。

堀 浩二
by koujihori | 2010-10-29 15:16 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/12158719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人間の根本の迷いは自分が生きて... 現象は不完全である。 >>