自分で生きているというのが我(が)であり、迷いである。

 南こうせつさんてご存知ですよね。「神田川」は名曲です。それで氏の歌の歌詞にこんなのがあります。「自分の過去を振り返るに恥ずかしい事で一杯さ♪」と。これ、とても共感しました。南こうせつさんも素晴らしいアーティストですからこうしたナイーブな男の心情の機微を歌にしたのだと思います。
 持ち越し苦労ってありますよね。自分はあの時あんな事をしたがあれは間違っていたのではないか?誰かを傷つけたのではないか?とか又、明らかに失言とか失敗をしてしまった事とかそういう事を思い出すにつれ、「恥ずかしいー!」って思う事あると思います。それで大抵はそれを良くしよう、名誉回復しようと頑張る。これが我(が)なんです。そして迷いの正体です。僕達が生きているのは我(が)が頑張って生きているのではない。神が生きている。神に生かされている。それ以上でも以下でもない。ただ「神に生かされている」のです。それは何時いかなる時もそうです。失敗した、恥かいたと思う瞬間でもそうです。それをそう思わないで自分で生きていると思うから、「あの時、失敗してしまった。穴があったら入りたい位だ。ああやり直したい」なんて思う訳です。それが我(が)なんです。繰り返しますがそれが迷いです。
 実相は何時いかなる時も自分で生きていたのではない。神に生かされ、神が自分をして生きていた。何時いかなる時も。だから、持ち越し苦労は要らない。後悔も要らない。短期的、近視眼的に見ればいくらでも不都合はあるでしょう。失敗に見える事はあるでしょう。でもそれは時間軸空間軸を拡げて神の観点かれ見れば失敗ではない。全て良き成果につながる良き事ですね。

堀 浩二
by koujihori | 2011-09-17 22:08 | 信仰 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/14579555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 志村 宗春 at 2011-09-25 21:25 x
 智慧の言葉に
「失敗は大したことではない。損も大したことではない。自己の心を乱すか乱さないかの方が大切だ。」と、あります。
この世の中で、一回も失敗したことのない人は、いないだろうと思います。プロ野球の選手は毎回ホームランを打てるわけではありませんし、
横綱も負ける時があります。
それは、失敗といえば失敗といえるかもしれませんが、その失敗とか挫折があった時に、神様の方向に振り向くことが極めて大切なことと思います。挫折感を味わった時だけではなく、スラスラと物事が進んでいる時にも神様の方向をみることが必要と思います。つまり、何時如何なる時においても神様の御心を実現するという姿勢を堅持することが必要と思います。
また、話しは変わりますが、一見、失敗とみえるところから科学上の偉大な発見が得られることもあり、失敗もまた神様のお導きである場合もあると思います。かといっても、私自身、神意に忠実に生きているか?と申しますと、反省するところも多々あります。
 
 力むことも焦ることもなく、ただ、そのままに、神様の御心を実現できればよいと思っております。

 再拝
<< 親に感謝とは?(2) 真の中心帰一の信仰はどこから来るか >>