無我と言う事

 一切は神が行うのである。それが実相独在という事である。我(が)が無いという事である。無我というのは全託の事であった。そして、それが実相は自分で出て来るという事である。我(が)は要らないという事である。
 私が、オレがやっている、やってやっているというのは不遜の極み、傲慢の極みである。

堀 浩二
by koujihori | 2012-03-07 12:25 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/15537597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実相は自分で出て来る(45) 自分が神である。(6) >>