思ったら思った通りになる。(2)

 生長の家は縦の真理と横の真理がある。縦の真理は「実相独在」、横の真理は「唯心所現」である。
 「実相独在」は実相完全円満の世界しか、本当には存在しないという事である。そして「唯心所現」は「思ったら思った通りになる」という事である。
 この現象世界は第二創造の世界だから、自分の心が作る世界だから自分の心がしっかりしてなくてはいけないと思うと安心立命にはならないのである。常に自己の心を清めなくてはいけない、悪い事を思ったらいけないと言う事になって来るからである。自分がこの世界を自分の心で作ると思うと間違うのである。
 要するに心の展開する第二創造の世界というのは自分が今ここにある神の国をどう認識するかが自分の周りに展開しているだけで実際に存在しないという事なのである。
 自分が今ここが神の国だと認識すればその通りの神の国が今ここにあるとありありと分かる。それが分からなければ本来今ここに実相常楽国土があるのにそれが分からず自分の心の歪みにより争いとか病気とかに見える。それが「思ったら思った通りになる」って言う事であるのである。

 自分が第二創造の世界という具体的世界を作るのではない。自分が真実存在の実相常楽国土をどう認識するかが自分の感覚の世界に映っている世界が第二創造の世界、現象の世界なのである。だから現象世界はナイと言うのである。そして、今ここが神の国であり、自分は始めから神であったという真理、実相に目覚めれば、その通りの世界が自分の周りに展開する。自分の人生に何一つ落ち度が無かった事が分かる。繰り返すがそれが「思ったら思った通りになる」という事である。

堀 浩二
by koujihori | 2012-04-24 12:44 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/15769422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今、そのままで完全円満である。... 神様が全て解決して下さる。(3) >>