因果を超越する教え。

 生長の家の教えは因果を超越する教えである。過去にどんな罪を犯していようが、「吾、神なり。罪ナシ」を自覚すれば一足飛びに因果を超越する事が出来るのである。
 それが解脱である。現象アリとしたならば吾等は過去世でどれだけの罪を犯したか分からないのである。それを一つ一つ、消して行かなくてはならないのならこれは気が遠くなる話である。
 しかし、実相独在の悟りに超入する時、一切の罪は消える。一切の因果を超越する事が出来るのである。

 しかしながら、その悟りを得たものであっても原因結果の法則の外に出る事は出来ないのである。人を怒れば自分が怒られる。人を排除すれば自分が排除される。それで良いのである。それにより自分の心を反省出来て、そこに無限生長が行われるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2012-10-24 21:37 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/17050045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悪はナイ。(6) そのままでよい。(41) >>