この人生そのまま実相顕現の過程である。

 吾々は神の子であり、完全円満、無限力である。そして吾々の人生はその実相顕現の過程であり、それ以外のものではない。
 従って如何なる不如意、不都合、不幸が表面的に出て来てもそれ全て、吾々の完全円満の実相が自己顕現する為の大事なステップなのである。
 如何なる現象であろうともそれは全て意味がある。それは自己の心、今までの行いを映して見せてくれている観世音菩薩の御働きである。そこで何を教えてくれているかという事をまっさらな心になって自己反省すれば良いのである。そこから必ず実相顕現、無限生長が行われる。

堀 浩二
by koujihori | 2012-11-09 12:21 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/17136825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 訓練の意味(3) 吾が生くるは吾が力ならず >>