人間の生命は永遠生き通しである。(2)

 人間は肉体ではない。魂であり、霊である。肉体などのあらゆる現象は理念の表現である。
 人間の心を神経の作用という人がいるが、それは神経を通じて心の作用が出てくるだけであり、神経が人間の心そのものではない。
 脳細胞、脳神経を良くもするも悪くするもその人の日常の心がけ次第なのである。だから、人間は脳細胞などの肉体ではない。人間は霊であり、だから人間は本当は不死なのである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-02-02 10:50 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/17745141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家の生き方は我(が)では... 生長の家は安倍氏支持? >>