人間の生命は永遠生き通しである。(3)

 人間は肉体でない事の証拠に人間の脳神経というのは鍛える事によってその能力が増大する。例えば本を読みつけていれば本を読むスピードはアップする。英語のリスニング訓練をやって行けば段々早い英語でも聞き取れる様になる。これは訓練によって脳神経の能力が増大したのだ。

 これは人間が脳神経という肉体そのものではなくてその背後にあって、それを操り、訓練する事でその力を増大させる何かであるという事である。
 それが心であり、魂である。それが人間の本体であり、それは肉体が滅んで脳神経が消え失せても永遠に残るものである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-07-03 21:08 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/19163862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 罪ナシの自覚が元で罪を犯さなくなる。 実相を悟るという事。 >>