実相は自分で出てくる(50)

 心配しなくても良くしようとしなくても実相を顕現させようとしなくても実相は自分で出てくるのである。私はテニスをやっているがテニスの技というのは色々あり、それを他の人から教えてもらう事もある。それがすぐ役に立つ場合もあるが、すぐに飲み込めない時もある。
 そういう時は無理に自分に取り込もう、上手くなろうとしないでも「そのまま」であれば、時期が熟して「ああ、このやり方が良いのだ」と実感する事が出来、その時、以前習ったやり方も実感を持って自然と内側から出てくるという形で自分に身につく。

 要するに「実相は自分で出てくる」のであり、焦る必要はない。

堀 浩二
by koujihori | 2013-07-12 22:18 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/19253971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自分が神である。(8) 悟りというもの >>