そのままで完全円満。

 吾々は今そのままで完全円満なのである。それは肉体の事ではない、現象の事ではない。肉体は現象は所詮不完全である。現象の奥の、肉体の奥の吾々の実相生命、神から与えられた本物の生命は完全円満である。それも始めの始めから。今そのままで。既に。

 それを自覚する時、そこに発展がある。学びがある。そして訓練と勉学も自ずと為される。何故ならば完全円満そのまま無限生長であるからである。

 従って「そのままでよい」今そのままで完全円満であると同時にそこから無限生長が出てくる。いくらでも進歩するのである。
 それをそう思わないで「良くしよう」とするからどうにもならなくなるのである。

 私はテニスをやっているがテニスのサービスでずっと悩んでいた。実はここ一ヶ月位、打ち方をかなり変えた。ラケットの引き方、体重移動のさせ方と。そうしたらどうも調子が狂ってしまって、力強いボールが打ててない実感がしていた。それで何が悪いのだろうと思って散々、研究した。プロのビデオも散々観た。そしてテニスクラブで日没まで一人でサービス練習をした。それでああでもない、こうでもないと試行錯誤した。迷いのドツボにはまってしまった。それでもちろんサービスは全然良くならない所か迷いは深まるばかり。
 しかし、今日、テニスクラブで試合をしている内に「こうしてみよう」というのが内側からインスピレーション的に閃いた。それは肩を縦に回す事と肘を使う事だけれどもこれをやって見たらためのある威力のある納得の行くサービスが打てた。私は長い迷路からやっと抜け出せた。
 私は思った。「ああ、私のサービスはそのままで良かったのだった。そのままであれば内側からこうしたら良いというのは直感的に分かる。それをそう思わないで良くしよう良くしようとしたから却って悪くなったのだ」と。

 吾々は今そのままで完全円満である。そこから無限生長があり、より良くなるのだ。

堀 浩二
by koujihori | 2013-08-02 21:07 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/19397094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これから起こるであろう事 人間は肉体ではない。心であり霊... >>