今、そのままで完全円満であるが現象はその自覚の反映としては遅れて出て来る。

 現象、肉体は吾々の自覚の反映であるから吾々が内なる完全円満の生命の実相を自覚すれば、必ず現象も肉体も整う。しかし、それはすぐではない。念も現在意識の集積が徐々にされて行って、念の大部分を占める潜在意識が形成されるまではそれなりの時間が掛かる。その上、その潜在意識が現象にまで反映されるのもある程度の時間が掛かるからである。
 しかしながら、だからと言って「これでもか、これでもか」と良き念を「これから良くなろう」と思って集積させようなどとは思ってはならない。今このままで吾、神なり、完全円満なり、無限力なりと自覚して今その力を敢然として使って行かなくてはならない。その行の集積があって、初めて訓練となり、潜在意識にもそれが刻印されて行くのである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-10-02 12:47 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/19753003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ここがそのまま神の国である。 唯物論という迷妄は人類自ら造り... >>