楽天のTBS株取得に思うこと

 楽天がTBS株の15.46%を取得し、三木谷浩史社長がTBS側に経営統合を申し入れているという報道がされている。

 これは以前のニッポン放送株大量取得により、フジテレビを実効支配しようとしたライブドア社長ホリエモンこと堀江貴文氏と似たようなケースであるが先日も報道されたばかりで現在の進行中の村上世彰氏率いる村上ファンドなる投資ファンド会社による阪神電鉄株大量取得の件もあり、こうしたインターネット関連の事業で財を成したインターネット長者や投資ファンド会社などの金満家による企業の敵対的買収が日本社会で頻発する様になって来た。

 こうした敵対的買収(ハゲタカファンドなどがある企業の株をその資金力にものを言わせて大量取得し、その会社を実効支配し、事実上その会社を乗っ取ろうというもの。)は資本主義の権化のアメリカ社会では通常行われて来た事であり、会社は株主のものであるという非常にドライな考え方である。
 資本主義社会における株式会社というものは突き詰めていけば理論的にはそういうものであろうが、人と人との共同体というものを大事にしてきた日本社会ではそういうえげつない事を発想する人間は今まで出なかった。
 ところが日本が今から13年前にバブルがはじけて以来、体力の弱った企業、銀行を外資ハゲタカファンドが安く買いたたき、それを付加価値を高める事により利益を上げるという事が出て来た。
 その中でホリエモンという「時代の寵児」が出て来て、去年、経営不振によりオリックスと合併すると発表していた近鉄バッファローズを是非買いたいという事で日本のプロ野球界に殴り込みを掛けてきた。私もこの時点では日本プロ野球界を救う救世主としてホリエモンを讃えていた。

 しかし、その後のフジテレビの件、そして、現在進行中の阪神電鉄、TBSの件などで彼らホリエモン、村上氏、三木谷氏などのやり方をみていると金の力にものを言わせて、ひたすら金儲けに走るという拝金主義に思えてならない。
 先日の衆院選挙で郵政民営化を掲げた小泉自民党は大勝したが、「官から民へ」と何でもかんでも民営化することが至上の善みたいな価値観は全ての事業を資本主義の元に置くという事である。
 資本主義の本質とは何か。それは利潤追求である。ズバリ言い換えればそれは「金儲け」なのである。全ての事業を資本主義の元に置くというのは「金儲け」を至上の価値とすることである。
 日本は正にその方向に向かってまっしぐらに進んでいる様に思われる。しかし、資本主義が過度に発達する社会は富裕層と貧困層がくっきり分かれるということである。いわゆる「勝ち組」と「負け組」ということであるが、富んでいる者はますます富み、贅沢な暮らしをし、弱者、負け組は社会から切り捨てられて行く。

 そういう流れの中の非常に象徴的な事件として、現在の三木谷氏、村上氏、ホリエモンの買収騒ぎがあると思う。
 今までの日本は共同体を大事にし、お互い、強者が弱者をかばい、その足らざるを融通し合い、助け合ってきた。今やその日本の美徳は失われようとしており、資本主義のドライな考え方の元、強者が弱者を食い物にしようとする社会が実現しようとしているのではないか?

 資本主義というのは利潤追求が目的であり、利潤追求とは金儲けの事である。それは至上の価値を金に求めるという事であり、そういうのを拝金主義というのである。
 人間は生きていく為には自らの行動指針が必要である。自分自身のコア(核)が必ず必要なのである。そのコアなる行動指針が正しい信仰に基づいたもの、自分の中に完全円満の神なる基準があるというものであるなら、良いがそれがないと金とか物に価値を置く拝金主義にならざるを得ないのである。
 そうなると人は自分の物質的利益のみ追求し、お互いの思いやりの精神は失われ、公に殉ずる潔い心意気は薄れて行き、弱者をいたわる心も消失して、どんどん堕落して行くのである。
 
 アメリカの金儲けの資本主義のシステムをアメリカの利潤の為に世界中に拡げようというのが所謂グローバルスタンダードである。それを全面的に受け入れたのが小泉首相と竹中大臣である。その思想の元に郵政民営化という戦略があり、それにより300兆円と言われる郵便貯金はアメリカの外資にどんどん流れ、アメリカのグローバルスタンダードに寄与するであろう。

 しかし、そうした拝金主義はどこから来るかと言ったら、人々が自分の中に金以上の価値を見出していないからである。我らは今こそ、金以上の価値、完全円満なる神という価値を自らの中に見出して行かなくてはならないと思う。
 そういう事がグローバルスタンダード(国際基準)になって行くなら世界に真の繁栄と平和が来るのである。

 堀 浩二
by koujihori | 2005-10-14 12:13 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/1988092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 富者の自覚 「偉い」ということ >>