吾々は今、完全円満である。そのままでよい。

 世の中には整形手術を繰り返す人がいる。それは何十回も整形手術を受けるのだ。で、そういう人はもうこれで良いと言う事は無い。いくら整形を受けても「まだ駄目だ。まだ自分の理想とは違う。」と思って、また、整形を受ける。
 そうこうする内に顔はぐちゃぐちゃに崩れて行くのである。これはどうしてそうなるかと言うと、その人は完全を求めているからである。その完全は既にその人の中にある。完全な容姿という理想がその人の中に宿っているから飽くことなく完全な容姿を求め続ける。
 しかし、それは同時にその人は「自分の今そのままは完全円満ではない」と思っているのである。それが迷いなのである。吾々は肉体の奥に完全円満の神の生命を宿している。それは容姿端麗、無限力、無現智、完全円満である。だから、それを求めるのであるが、それを今はまだそうでないとしてそれを「良くしよう」とするから、いくらその良い、理想を外部に求めて、色々やっても自分の自覚が「まだ駄目だ。」と思っているからいくら整形をしても、自分の容姿が不完全に感じられるのである。
 吾々の周囲の現象、それは自分の肉体、能力も含まれるがそれは吾々の「今、自分が何であるか」という自覚の映しであり、鏡であるのである。だから、今の自分が不完全であると思っている限り、いくら外形を整えてもその外形は不完全に感じられる。

 吾々は今、完全円満、無限力、無限智であるのである。それが分かれば今、悦べる、感謝が出来る、明るくなれる、そして周囲に愛を与える事が出来るのである。
 それをそう思わないから自分を良くする事にやっきになって、利己主義になり、勝手になり、そして自分の「自分はまだ駄目だ」という自覚の通り、何時まで経っても醜いのであり、不完全であり、能力が発揮出来ないのである。

堀 浩二
by koujihori | 2013-12-21 22:14 | 信仰 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/20131131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 温故知新 at 2013-12-26 16:45 x
 合掌ありがとうございます

神示の誤表記を発見したのでご報告申し上げます。

http://www.youtube.com/watch?v=CaKXq58jljA
<< 心乱れても今そのまま神の子である。 人間が肉体ではないという意味 >>