反日運動に思うこと

 さて、ご存知の様に現在、中国、韓国で民衆による反日運動が大変、激しくなっていて、現地邦人は大変恐ろしい思いをしているようである。
 日本では町村外相が日本の外相としては割合珍しく、毅然とした態度を取って、謝罪と破壊活動による損害賠償を中国政府に求めているようであるがこれが蛙の面に小便で責任はむしろ日本にあると言い返される始末。でもこの中国政府の反応はホリエモンではないが、大体、想定の範囲内である。
 騒動の直接のきっかけは日本の国連常任理事国入り反対署名運動であるらしいが、それに加えて日本の歴史教科書の問題や小泉首相の靖国参拝問題等もあるようである。
 でも、中国の民衆の反日感情が何故これ程激しいものであるかということは中国の露骨な反日教育にその原因があることは識者なら誰でも分かっていることと思う。
 中国には学校教育のみならず至る所に日本の中国での戦争犯罪の歴史を再現した戦争記念館があり、戦時中の旧日本軍による中国人虐殺、人体実験等のおぞましいシーンが蝋人形によりリアルに再現された展示物が沢山あるのである。中国では子供達に学校行事でこういう所に度々見学させに行き、子供の頃から徹底的に反日教育を施すのである。
 教育とは恐ろしいものでこんな教育を幼少の頃から受けたら大人になったら立派な反日中国人が出来上がるのであり、彼らは根っから日本人を悪魔のように憎んでいるのである。 今回も騒動もそんな所が根っこにあるのであり、中国の警察が彼らの暴動を殆ど見てみないふりをしているのも当然である。
 でも日本人は戦前も戦時中も多少乱暴で横柄な態度を中国大陸で中国人にしたことはあったようだが本来日本人というのは非常に温和な民族であり、争い事は基本的に好まず、ましてや人間に対してそれが中国人であろうと韓国人であろうとそれを極悪非道なやり方で虐待、虐殺なんて出来る民族ではないのである。
 私はこうした中国の反日教育で教えられている日本人の極悪非道ぶりというのは殆どが中国側のねつ造であると思っている。
 
 それはともかく、中国が何故、こんな反日教育をしているかと言ったらそれは江沢民の時に始まったらしいが、中国政府の自信の無さの裏返しである。
 というのは中国では共産党の一党独裁であるがそれでは経済が停滞するということで部分的に資本主義を採り入れ、現在はGDPの実質成長率は10%を超えているらしい。いわゆる不動産バブルによるものであるが、こうして中国の経済が発展すればするほどいわゆる富裕層が出て来て、それが13億の中国の人口の中の1.5%に当たる2000万人にも及ぶというのである。
 中国では沿岸部の都市部に住んでいる人はこの富裕層のように資本主義のお陰で割合、潤ってリッチであるのだが内陸部の農村地帯は貧困層が多く、それが非常な国民感情不満になっているらしく近頃はその事に起因した暴動も頻発しているらしい。
 中国政府はその中国国内の不満を自分達に向けさせない為にその鉾先を外国に向けさせようとして一番手っ取り早い相手日本を選んだのである。

 そして韓国でも反日運動が現在起こっているがこちらは中国ほどではないが長年反日政策を国が取って来て、それは当然教育にも及んでいただろう。

 いずれにせよ、教育というものは恐ろしいもので人間の考え方というのはこの様に教育によってどうにでもなってしまうのである。でも、私が今回言いたいことはそんなことではない。何故彼ら中国人や韓国人はそれほどまでに日本を悪く言うのであろうか、何故それほどまでに日本の大東亜戦争中の行為を悪魔の様に憎みののしるのであろうか?
 私が思うに中国や東南アジア、そしてアフリカを露骨に本当に侵略の意図をもって、侵略し原住民を搾取又は虐殺したのは白人達欧米列強ではないのか。
 日本が中国大陸に進出していたのはそこを侵略の意図を持って軍隊を派遣したわけではなく日露戦争の勝利によってロシアから割譲を受けた満州の権益によりその地に日本から移民していたのをそれを保護する為に日本から軍隊が派遣されていたのであるし、また朝鮮併合に関しても日露戦争前は日本の政策はずうっと韓国にしっかり独立してもらいたいということで進められており、朝鮮を侵略しようとしたロシアと結局衝突して日露戦争になり、日本勝利後も相変わらずロシアと手を組もうとする勢力が朝鮮において座視出来ない状態になったので仕方なく日本は朝鮮を併合したのであって、それは当時はロシアの南下を世界中が懸念していたので国際的にも歓迎されたのである。

 まあ、結果的に日本が中国と韓国に進出または併合していたことは良くないと言えば良くないのであるがその内容は欧米列強のやり方に比べれば遙かに悪意はないのである。

 でも彼ら中国人、韓国人はアメリカ人、ヨーロッパ人の罪は少しも糾弾しないで何故、我ら日本人の事ばかり責め立てるのであろうか?ちょっとおかしいと思いませんか?
 私はその理由をこのように考える。それはやはり中国人、韓国人は白人、欧米人は自分達に比べて一段上の人種と見ている面があるのではないかという事である。
 それに反し、同じ東洋人しかも中国人や韓国人から見れば日本人は自分達の弟分くらいの感覚があるので、その生意気な日本に一度でも統治された支配されたという記憶がいやでいやでしょうがないのではないかと思う。
 そんなわけでかくも中国、韓国での反日感情が激しいのではないかと思う。

 ここで肝心な事だがそれなら我々日本人は今回の様な事態に対してどうしたらいいかということである。町村外相の様に毅然とした態度で相手に謝罪を求めるのは大変いいことである。しかし、その他、一般の日本人が今回の事で更に中国人、韓国人をいやな卑しい民族であって、これらの民族はまた機会あらば懲らしめて統治してやらなくちゃ駄目なんだなんて思ったりしたら絶対駄目なのである。

 私は今回の事はほとぼりが冷めるまで暫く静観してそのままにしておくのがいいと思う。反日感情反日運動というものが迷いに支配された正しくないものであるならばそれは自ずと自壊して行くのである。ことに中国は既に述べた様に国自体が実は危ないのである。本来でないものは自壊する。そのままにしておけばよいのであり、これを機会に日本も中国、韓国に対等にものが言えるように憲法を改正して核兵器を持てるようにしなくちゃならんなんていう考えは大変危険な思想である。
 それこそ本当に戦争の原因を作るであろう(だからと言って私は憲法改正反対論者ではない)。
 
 そしてかつての韓流ブームの時の様に韓国人のいい面を見ること、そして探せば中国人にもいい面があるはずだから、それを凝視する様にしていけばいつかは日本、中国、韓国とお互い手を取り合って仲良く出来る時が来ると私は信ずる。

 堀 浩二
by koujihori | 2005-04-14 12:28 | 時事問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/201728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 進化論について 犬に教えられたこと >>