これから良くするのじゃない。

 生長の家をやっていて陥りやすい誤謬は自分が行によってこれから良くしようと思ってしまう事である。
 「現象は心の影だ。そしてその心は潜在意識が95パーセントを占め、その潜在意識を形成するのは現在意識の繰り返しによる。そうなると今はまだ安寧ではない。完全円満ではない。無限力ではない、これから先の事だ」
 と考えがちである。そしてこれから行を積んで潜在意識を浄めて、それが現象の肉体に現れて来るまでは悦べないという事になる。それが最大の間違いである。生長の家は

 ◎実相は今ここにある。完全円満なのは今である。
 ◎心はナイ。肉体はナイ、現象はナイ。心はナイという事は潜在意識はナイという事である。だからそれをこれから浄めようなんてのはあり得ない事である。

 吾々が完全円満なのは今なのである。それは全宇宙に遍満している全知全能、完全円満なる神により完全に保証されている、生かされているものである。

 その事が自覚されるとその力を今使う事が出来る。そして、その繰り返しが訓練となって行くのである。

堀 浩二
by koujihori | 2014-02-28 21:22 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/20410492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人間は神の子、完全円満である。 生長の家とは >>