生長の家なのに何故、問題があるのか?

 生長の家をやっている人が病気であったり、色々な人生の難儀に見舞われる事がある。「生長の家をやっていたはずなのに」という訳だ。実際、私も19年前に自律神経機能傷害という神経の病になった事がある。
 それは一言で言ってこういう事だ。
「低学年の生徒には易しい問題しか与えられないが高学年になると難しい問題を与えられる。」という事。

 神様はその人に解決出来ない問題は決して与えない。全ての人生の問題はその人の実相がより輝き出す為の練習問題に過ぎない。だから自分の人生の学びが進んで来るとそれ相応の難しい問題が与えられるが必ずそれは解決出来るのであり、それを解決する事により神の栄光が現れるという事。

 生長の家をやっていればそれだけ魂が高度であるから高度の問題が与えられる。だけれどもそれは必ず解決出来るのであり、それにより素晴らしい実相が輝き出て、より幸福に自由自在に悦び溢れる様になる。
 そうなるともう迷う事、苦しむ事無く、悦びのままでそのまま無限生長出来る所まで行く。

堀 浩二
by koujihori | 2015-09-03 17:35 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/22110425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悟りも無限生長である。 恨み心を解くには。 >>