病気やその他人生上の不具合は必ず心にその根本原因がある。

 病気とかその他の不具合というのは表面的には色々と現象的な原因があるだろう。食べ物とか生活習慣とか薬の服用の仕方とか。

 しかるにこれは全て二次的要因であり、根本的には百パーセント吾等の心の影である。何故ならばこの世界には唯心所現の法則が支配していて、物質とか現象というのは心で出来ているからである。

 だから如何なる病気、障害といえども吾等の心を治しさえすれば治る。但し、厳密に言えば先祖供養の問題とかもあるが、これも根本的には吾等に先祖を敬い、感謝する心の問題である。

 だから、吾等は病気とか障害を負った場合、この原因を外的要因に求めるのみではいけない。病気とか障害等の不具合は何かしら自分の心に本来でない所があったからこそ起こったのであり、それをよく反省して改めなくてはならない。この人生は無限生長の為の学校なのでそこで自己の心持ちをよく反省して向上させる事が大事である。

 病気とか障害は吾等の心を生長させる為に出て来た教材みたいなものであって、そこでよく反省して自己の心を改めれば病気、障害は消えるし、この人生の目的である無限生長の道にもかなう。

 しかるにそうした過程を経ずに反省も心の改善もしないでただ表面的な処置だけ例えば薬剤とか霊術のみで治ってしまうのは本人にとって不幸な事であるとは谷口雅春先生のお言葉です。

堀 浩二
by koujihori | 2015-11-20 14:26 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/22534502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 悩む心を解決するには 今何をしたらよいか? >>