ブルーピルとレッドピル

 マトリックスの一作目は最高だった(どういう訳か続編は駄作)がそこでモーフィアスがネオにブルーピルとレッドピルのどちらかを選べと迫る部分がある。
 ブルーピルを飲めば、全ての真実を明らかにするがレッドピルなら元の生活に戻るだけだと。ネオはブルーを選び、そして本当の現実の自分(コンピュータによりカプセルに入れられて培養されて栄養素だけ摂られている。)を見出し、そこから解放され、人間を支配しているコンピュータに戦いを挑む戦士になって行く。

 私は父の介護の問題があったのでこの五年間はテニスの試合にエントリーする事が無かったが父が今年の初めに昇天したので、試合に出ない理由が無くなった。しかし、試合にエントリーするというのは正直決断が要った。私は父の送り迎えの為にこの五年は車通勤であった為にただでさえ足腰が弱る50代であるのに尚更、身体がなまっており、公式戦に出るのを最初はためらった。このまま、テニスクラブで気のあった同士、レクリエーションとして楽しいテニスをしていたい気持ちと試合に対して恐怖心があった。
 しかし、私は試合に挑む事を決め、その為に練習試合にも出て、それなりに備えたが本番では予想以上に身体が動かず、惨敗。
 ここで諦めるか再度、鍛え直して挑戦するかの選択が私に迫られた訳だが私は後者を選び、それからと言うもの車通勤を完全に止め、電車バス通勤に切り替え、かつ家から駅までの二キロは徒歩で行っている。そして電車内でも座らないで下半身と平衡感覚を鍛えている。そんな生活がもう二週間以上になるがそれなりの手応えは感じている。

 これは私がテニスの試合に挑む事を選択したからだ。そうでなくて消極的に試合を避け、今まで通りの緩い遊びだけのテニス生活を選択していれば私は鍛える事をせず、相変わらずの車通勤でますます下半身が弱って、晩年には寝たきりになっていたかも知れない。

 これはひとえに自分の選択次第で自分の運命と能力の出方が変わって来るという事であるが、その一番のポイントは
「私が自分の中にある無限の可能性を信じた」からである。 

堀 浩二
d0022373_10185580.jpg

by koujihori | 2015-12-24 10:19 | 潜在能力 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/22697937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国の防衛について 生きようと思ったら死ね >>