病無ければ病の原因も本来無し

聖経「続々甘露の法雨」に
「病無ければ病の原因も本来無し。色々と悟らせて頂きましたなどと病の原因にとらわれるのは悟りからはほど遠きこと。」
 と書かれています。

 吾々の人生学校は学びの連続で反省という事が必要です。人生学校において吾々が何かしら行動する。思念する。心を向かわせる。でも生長の中で稚拙な段階では色々と誤りをする。迷う事もある。それにより唯心所現の法則で不幸という結果を刈り取る。そうした観世音菩薩の御働きで自分の間違いを知る。そして、反省をした時点で吾々の学びは進み、それだけ実相が顕現します。
 でも、そこに留まっていてはいけないと聖経は教えています。あくまで実相独在であり、病も病の原因も本来無いのだと。病とか不幸の原因である自分の心の間違いというのはそれはいずれも実相そのものではない現象だと。そこに引っ掛かると実相独在から離れるのでほどなくしてまた迷いと不安の世界に陥る。

 要は実相独在であり、実相は無限生長だから自分で表現する。それが実相は自分で出て来るという事であり、その中で結果的に人生学校における色々な具体的な学びがあり、それで分かったら、もう罪とか問題は消えている。だから、その事が分かったらもうその事は忘れて実相独在、今ここ神の国であるという事のみを悦んで生きていれば良いと思います。

堀 浩二
by koujihori | 2016-02-29 09:02 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/22931095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 塑像出来ました。タイトルは「日... 今このままで病ナシ、問題ナシ。 >>