自分が良き人である為に

 自分が良い人であるにはこの世界が今そのままで良い世界であり、全ての人が良い人であると分からなくてはならないのである。
 自分が人の成功を心から祝福出来る為にはやはり、人の実相が善であり、素晴らしいと分からなくてはならないのである。
 自分が今そのままで素晴らしいと分からないから、自分に自信が無くて、その心はそのまま他人の悪を観る心であり、人の成功が妬ましくて仕方が無い心である。
 そして人の悪のイメージを集積させる事になる。それは自分の心を汚し、自分がそれでますます悪人になるのである。

堀 浩二
by koujihori | 2016-03-30 17:03 | 信仰 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joyfulness.exblog.jp/tb/23024095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 生長の家は病気を治す所ではない... 実相顕現に我(が)は要らない。 >>